知る

​スペシャルオリンピックスとは

 1962年、故ケネディ大統領の妹ユニス・ケネディ・シュライバーは、当時スポーツを楽しむ機会が少なかった知的障害のある人たちにスポーツを通じ社会参加を応援する「スペシャルオリンピックス」を設立。

 ユニスは活動を通じ、知的障害のある人たちの可能性を実現し彼らに対する社会の否定的な固定観念や差別的態度を変えるためその生涯を捧げました。彼女が生涯貫いた信念は40年たった今、確実に社会を変える動きとして世界に広がっています。スペシャルオリンピックスとは、知的障害のある人たちに様々なスポーツトレーニングとその成果の発表の場である競技会を年間を通じ提供している国際的なスポーツ組織です。スペシャルオリンピックスは非営利活動で、運営はボランティアと善意の寄付によっておこなわれています。スペシャルオリンピックスでは、これらのスポーツ活動に参加する知的障害のある人たちをアスリートと呼んでいます。

 スペシャルオリンピックスはスポーツを通じて、知的障害のあるアスリートの自立と社会参加を促進し、多様な人々が共に生きる社会の実現を目指しております。東京オリンピック・パラリンピック開催まで残り1年をきった今、「ダイバーシティ」「インクルージョン」といった言葉が社会に浸透しつつあり、多くの方が多様性社会の実現に、強い関心を持つ時代を迎えている中で、このPR映像を通じて、スペシャルオリンピックスが持つ価値を多くの方に知っていただきたら幸いです。

 スペシャルオリンピックス日本の活動が始まって25年が経ち障害者スポーツが過渡期を迎えるまさに今、『障害の有無に関わらず、多様性を尊重する社会を目指す』という我々の理念、そして理念を実現させるための取り組みを今後も広く発信していきます。

 

~ Be a fan ~ Ver.2017

~Be with all~

​スペシャルオリンピックスの使命

I'M POSSIBLE

スペシャルオリンピックスの使命は、知的障害のある人たちに年間を通じて、オリンピック競技種目に準じたさまざまなスポーツトレーニングと競技の場を提供し、参加したアスリートが健康を増進し、勇気をふるい、喜びを感じ、家族や他のアスリートそして地域の人々と、才能や技能そして友情を分かち合う機会を継続的に提供することです。

​スペシャルオリンピックスの名称が複数形の訳

「スペシャルオリンピックス」の名称が複数形で表されているのは、大会に限らず、日常的なスポーツトレーニングから世界大会まで、様々な活動が年間を通じて、世界中でおこなわれていることを意味しています。

​スペシャルオリンピックス  アスリート宣誓

 Let me win.  But if I cannot win,  let me be brave in the attempt

 わたしたちは精一杯  力をだして勝利を目指します。たとえ、勝てなくても、頑張る勇気をあたえて下さい。