参加する

アスリートとして(スポーツが苦手でも大丈夫)

スペシャルオリンピックスのスポーツ活動に参加する知的障害のある人を、アスリートと呼んでいます。知的障害のある6歳以上の人ならば、誰でもアスリートとして参加することができます。(競技会には8歳以上からの参加になります)スポーツに興味がある方も、苦手という方も大丈夫です。

まずは参加してみませんか?

ファミリーとして(一緒にチャレンジ)

スペシャルオリンピックスのスポーツ活動に参加する知的障害のある人をアスリートと呼んでいますが、アスリートの家族をファミリーと呼んでいます。スペシャルオリンピックスでは、ファミリーも様々な形で活動に参加しています。
ご家族もスペシャルオリンピックスを支える大切な一員です。アスリートと一緒にスポーツを楽しんだり、新しいことにチャレンジしたりしませんか?

コーチとして(ともに楽しみながら)

スペシャルオリンピックスの活動においてコーチは欠かせない役割のひとつです。アスリートと一緒に汗を流し、スポーツマンに必要なスポーツの技能と競う精神を伝えるのがコーチの大切な役割です。
プログラムの見学から始めていただいて結構です。競技経験は不問です。先ずはアスリートと触れ合うことから始めてみてください。随時SO日本から派遣されたベテランコーチによるコーチクリニックも開催しており、コーチクリニックでは各プログラム固有の技術だけではなく、スペシャルオリンピックスの基本理念から始まり、アスリートの特性を理解することなどもカリキュラムに含まれてます。指導経験のない方やアスリートたちと接したことのない方でも安心してコーチができるように指導を行っています。ぜひチャレンジしてみませんか?

ボランティアとして(出来ることを出来る時間に)

スペシャルオリンピックスの活動は、アスリートを中心に、ファミリーと市民ボランティアが一緒に活動することで成り立っています。スペシャルオリンピックスでは、様々な形でボランティアとして参加することができます。スポーツを教えるのが苦手、運動するのが苦手という人でも、もちろんアスリートと一緒に日常のプログラムや大会に参加できます。プログラムに参加するアスリートの応援やその他必要な補助をしてくれる方たちも募集中です。あなたの「できること・できる時間」でご参加下さい。 


※ボランティアに参加するにあたり

   競技経験は問いません。

協力者として(企業・個人・団体、様々な協力のカタチ)

スペシャルオリンピックスの活動は、非営利で行われ全て善意の寄付、協力によって運営されています。運営資金や大会の協賛、ウェア等の物品提供、施設の貸与等、皆様のご支援をお願いいたします。
ボランテイアとしての参加は無理だけど資金面ならサポートできる、物品面ならサポートできる、会場提供ならサポートできる、あるいは交通・運搬の面でサポートできる、そんなお心を寄せて下さる、個人の方、企業の方、当会へのご支援を心よりお待ち申し上げております。